メインヴィジュアル

Solveシリーズの特徴

solveは、美容の第一線で活躍する美容師...縮毛矯正のプロと、毛髪科学専門の化学者によって開発された、縮毛矯正毛専用のヘアケアシリーズです。

縮毛矯正は外科手術のようなもの、髪には大きな負荷がかかり、見た目以上に傷ついています。
「栄養で洗う」をコンセプトに作られたsolveシリーズは、髪のペーハーと同じ微酸性、高機能アミノ酸群を中心に構成されており、髪の深部から傷みを補修、補強、保湿、プロテクトして様々なストレスから解放、健康的な髪へと導きます。

髪を洗うたびに必要な栄養成分を補い、保湿し、髪を強化するsolveシリーズは、洗うこと=手当てです。ジェルのようなシャンプーの質感...豊かでなめらかな泡立ち...美容液のように溶け込むトリートメント...優しい柑橘の香り...
solveは、洗い心地も合わせてお楽しみ下さい。

商品イメージ
縮毛矯正後のケアをする3つのメリット

Solveシリーズの使い方

正しいシャンプーの使い方

すすぎイメージ

01 よくすすぐ

シャンプー前のすすぎの目的は2つ。
1つは大まかな汚れを落とすこと。汚れの80%以上はお湯だけで落ちます。
もう1つは、髪にも頭皮にも十分に水分を入れて、シャンプー剤を均等にスムースにいきわたらせる環境作りです。

洗いイメージ

02 アクアフローで洗う

アクアフロー(リッチシャンプー)自体がトリートメントです。
指の腹を使って頭皮をマッサージしながら十二分に泡立ててください。
泡立ったら、そのまま1分おきます。

すすぎイメージ

03 よくすすぐ

1分すると泡が縮むので、お湯を少し足し、泡立てなおしてからすすぎます。
洗い流しはとても大事です。よ〜くすすいでください。
※1回洗いでもぜんぜんOKですが、このシャンプーでの2回洗いはダメージ修復にかなり効果的です。

泡イメージ

04 ニュートリヴェールを
つける

ニュートリヴェール(デイリートリートメント)を適量とって髪全体につけます。
毛先など、特に気になるところは多めに。
よくなじませたら、3分おいてください。
※ニュートリヴェールは頭皮にはつけません。

すすぎイメージ

05 軽くすすぐ

すぐに流したらもったいない〜!
シャワーのお湯で手を濡らして、髪を握ります。手を濡らしては握り濡らしては握りすると、ニュートリヴェール(デイリートリートメント)のクラスター(分子)が小さくなって、髪の奥深くまで浸透定着します。
「乳化」、又は「エマルジョン化」といって美容のプロ技です。その後、軽くすすいでください。

アクアフローの商品ページへ

アミノフォースは集中ケアの核となるトリートメント

集中トリートメントは、ニュートリヴェールなどのデイリートリートメントでは
カバーしきれない傷みの修復を図ります。
アミノフォースをベースに、エクスバランス、またはヒアフローDをミックス。
縮毛矯正の繰り返しによる傷みや、
ヘアカラーが加わることでのバサつきを劇的に改善します。

アミノフォース単体での使い方

洗いイメージ

01 シャンプーをしっかり泡立てる

アミノフォースのボトル

02 アミノフォースをつける

アミノフォースを適量取り、シャンプーの泡の上から混ぜ込んで、頭皮と髪をマッサージ、1~3分置きます。

すすぎのイメージ

03 すすぐ

1~3分たったら、よく洗い流します。

トリートメントのイメージ

04 トリートメントをつける

いつものトリートメントをお使いください。

洗い流すイメージ

05 洗い流します

アミノフォースとミックスする使い方

1. 劇的改善+しっとりなめらか

アミノフォースとエクスバランスを1:1で
混ぜて使うと髪質が改善されて
しっとりなめらかになります。

配合イメージ

[修復・補強 + 水分油分バランス]

2. 劇的改善+さらさらしなやか

アミノフォースとヒアフローDを1:1で
混ぜて使うと髪質が改善されて
さらさらしなやかになります。

配合イメージ

[修復・補強 + 撥水化]

※使う量はご自身の髪の長さ・量・状態(ダメージ)によって調整ください。

※柔らかい髪質でハリ・コシが欲しい方はアミノフォースだけ使います。

洗いイメージ

01 アクアフローで洗う

トリートメント前に髪の毛をしっかりアクアフローで洗いましょう。
ここは縮毛矯正後のケアの基本になります。

すすぎイメージ

02 よくすすぐ

シャンプー前のすすぎの目的は2つ。
1つは大まかな汚れを落とすこと。汚れの80%以上は御湯だけで落ちます。
もう一つは髪にも頭皮にも十分に水分を入れて、シャンプー剤を均等にスムースに息渡させる環境づくりです。

アミノフォースイメージ

03 軽く水気を切って
アミノフォースをつける

アミノフォースと配合したトリートメント剤を髪につけましょう。
髪を握ったら、水が滴る程度に水分を多めに残し、その髪にトリートメントをつけてください。

(例 アミノフォース15g+エクスバランス15g

握り込むイメージ

04 濡れた手で握り込む

トリートメントをしっかりと髪ににぎりこめたら、3分間待ちましょう。しっかり時間をかけることでトリートメントが髪の奥まで浸透していきます。

洗い流す

05 洗い流す

髪をしっかりと洗い流しましょう。

集中トリートメントの商品ページへ

ヘアエッセンス「うるり」の使い方

タオルドライイメージ

01 優しくタオルでドライ

うるりイメージ

02 「うるり」をつける

ダメージの大きな中間から毛先には多めにつくように意識して、髪全体に馴染ませます。

コームイメージ

03 スタンダップコーム
でとかしてキューティクルを整える

目の細かなコームでとかすことで髪のもつれをほどきながら不規則に広がっているキューティクルを 整えます。

フィンガーブローイメージ

04 フィンガーブロー

※手を左右に振りながら乾かす

※矯正した髪は、90%以上、手だけで乾かしてからブラシを使うようにしましょう。

注意:髪が伸びて、くせが強く 出てきたら、乾かしすぎてはいけません。

うるりイメージ

05 毛先に付け足し
「うるり」

※かんたんに使いたい人はここを省いても大丈夫です。

コームイメージ

06 スタンダップコームまたはブローブラシで毛先から軽くとかす

※毛に引っ掛かりを感じたら、毛先から順に溶かすと毛を傷めません。

仕上げブローイメージ

07 ブローで仕上げる

うるりの商品ページへ

ヘアローション「さらり」の使い方

タオルドライイメージ

01 優しくタオルでドライ

うるりイメージ

02 「うるり」をつける

ダメージの大きな中間から毛先には多めにつくように意識して、髪全体に馴染ませます。

コームイメージ

03 スタンダップコーム
でとかしてキューティクルを整える

目の細かなコームでとかすことで髪のもつれをほどきながら不規則に広がっているキューティクルを 整えます。

フィンガーブローイメージ

04 フィンガーブロー

※手を左右に振りながら乾かす

※矯正した髪は、90%以上、手だけで乾かしてからブラシを使うようにしましょう。

注意:髪が伸びて、くせが強く 出てきたら、乾かしすぎてはいけません。

さらりイメージ

05 髪全体に、「さらり」をスプレー

コームイメージ

06 スタンダップコームまたはブローブラシで毛先から軽くとかす

※毛に引っ掛かりを感じたら、毛先から順に溶かすと毛を傷めません。

仕上げブローイメージ

07 ブローで仕上げる

さらりの商品ページへ

ヘアスタイラー「くるり」の使い方

タオルドライイメージ

01 優しくタオルでドライ

うるりイメージ

02 「うるり」をつける

ダメージの大きな中間から毛先には多めにつくように意識して、髪全体に馴染ませます。

コームイメージ

03 スタンダップコーム
でとかしてキューティクルを整える

目の細かなコームでとかすことで髪のもつれをほどきながら不規則に広がっているキューティクルを 整えます。

フィンガーブローイメージ

04 フィンガーブロー

※手を左右に振りながら乾かす

※矯正した髪は、90%以上、手だけで乾かしてからブラシを使うようにしましょう。

注意:髪が伸びて、くせが強く 出てきたら、乾かしすぎてはいけません。

コームイメージ

05 スタンダップコームまたはブローブラシで毛先から軽くとかす

※毛に引っ掛かりを感じたら、毛先から順に溶かすと毛を傷めません。

くるりイメージ

06 「くるり」をスプレー

のばしたいところ、丸めたいところ、流したいところにスプレー、軽くコーミングして馴染ませます。

仕上げブローイメージ

07 ブローで仕上げる

くるりの商品ページへ